バイクをオークションで売る際のトラブル

バイクオークションで売る際のトラブル

バイクオークションは中古バイクをちょっとでも高く売る魅力的な方法です。しかしいいことばかりではなく、当然バイクオークションにもトラブルはあります。基本的にはバイクの個人売買とほぼ同じです。

 

■名義変更してくれない
これは、バイクオークションの中で最も多いトラブル。放置しておくと、自動車税の請求が自分に来てしまうし、事故でも起こされたら責任を負う羽目になります。だからしっかりと対策をする必要があります。

 

 

■対処法
廃車登録をしてしまうことです。それからバイクを渡しましょう。手続きはそんなに難しくなくナンバープレートと印鑑、車検証などを持って陸運支局へ行ってください。

 

車検がまだ残っていて、もったいないという場合は相手に名義変更をしてもらわないとダメですから、車体を引き渡すタイミングをずらしましょう。代金を先に支払ってもらってから、ナンバープレートと車検証、譲渡証明書などを相手に郵送します。そして、名義変更をしてもらったらその証明を相手から郵送やFAXなどで送ってもらって、確認後にバイクを送るといった方法です。

 

こうすることで、確実に名義変更は行われますので、トラブルを避けたいならば、名義変更前にバイクを渡すことは避けて下さい。

 

注意点として、軽二輪、小型二輪の名義変更の手続きは、管轄の陸運局で行いますので、 オークションで軽二輪、小型二輪を売却した場合は、落札した方に委任状を渡す必要があります。

■バイクの不調などを理由に、修理費などを請求される
バイクを売却後にクレームを言われるパターンですね。「エンジンがおかしい」とか、「バイク屋で見てもらったら修理が必要だと言われた。」などなど。まあ、嘘かホントか分からないクレーム。嫌ですねえ。

 

修理代を請求されたり、返品するとか言われるケースがあります。

 

 

■対処法
こうなってしまっては、なかなか上手く解決できないでしょうね。だから、未然に防ぐのが一番。重要なことは、クレームを付けさせないようにすることです。バイクのオークションだけでなく、色んなオークションを見てるとよく「ノーリターン、ノークレームでお願いします」とありますね。あれが一番です。

 

もっとも、問題のあるバイクを売るのは論外ですが、まともなバイクを売っているのであればきちんと記載しましょう。後でクレームに発展するくらいなら最初から売らないほうがマシです。臆せずに明記しましょう。

■思っていたのと違うとクレームを付けられる
バイクオークションではバイクそのものを見てもらうことは稀です。ほぼ無いといってもいいでしょう。あくまでも出品ページの写真や説明文だけで、判断してもらいます。

 

コレがトラブルの元になることがあります。特に基準は個人差が有るということです。傷ひとつダメな人もいるでしょう。自分は綺麗だと思っていても他人がそう思うかはわかりません。

 

説明の無い傷や故障があると、後になってクレームになりトラブルに発展する恐れがあります。ひどい時は、詐欺罪として裁判沙汰、なんてことも有りうるかも。

 

■対処法
写真をしっかりと載せること。なるべくたくさん載せて下さい。傷や破損がある個所は、アップで写真を載せるなどの工夫をしましょう。隠さずに自分が把握してる傷などはすべて明記しましょう。

 

説明文でもエンジンや電気系統の状態などを詳しく、しつこいくらい詳しく書いてください。これは詳しいに越したことはありません。

 

そして、疑問点があれば質問してもらうように書いておいて、質問が来たら誠実にきちんと答えましょう。自分が買う側だとしたら、何が不安かどんな状態だとクレームを言いたくなるかなど、相手の立場に立って説明文を書くことです。ありのままの状態をはっきりと書くことで、クレームになることは防げるはずです。

 

また上でも書きましたが「ノーリターン、ノークレームでお願いします」も必須です。

 

色々、メリット・デメリットがありますが、オークションはバイク買取専門業者よりは高値になりやすいのが嬉しい点です。しかし、出品の手間、落札後の配送の手間、名義変更の手間、クレームの恐れなどもあります。そういった手間を省きたいならバイクオークションの代行出品という方法もあります。バイクオークション代行業者があなた代わってバイクを代行出品してくれるサービスです。手数料が自分でオークションに出品するよりは高くなりますが、見栄えのいい写真や配送、名義変更等の手間が省けて安心です。