バイクを個人売買で売る

バイク買取専門業者ではなくて個人売買で売る場合

バイクを売る方法として、バイク買取専門業者をおすすめしてきましたが、それ以外にも個人売買やオークションもあると言いました。このページではバイクを個人売買で売る場合についてご説明します。

 

この個人売買で売るやり方は、当然のことながらバイク買取専門業者、あるいはバイク販売店など業者に任せるものではなく、個人を相手に自分のバイクを販売します。とは言え、自分のバイクを欲しいという相手を見つけるのは意外と難しいもんです。結局、知り合いかあるいは知り合いの知り合いとかわりと狭い範囲で行われるのではないでしょうか。それ以外ではバイク雑誌の専門コーナーなどに投書する方法もあります。

 

まあ、どちらにしても問題になるのは各種の手続き。バイク買取専門業者やバイク販売店ならば手続きをプロがやってくれますが、個人売買では自ら手続きをやらなければなりません。

 

手続きは所管の陸運局に赴いて一定の手続きを行う必要があり、125cc以下のバイクであれば売却側は「廃車証明書・自賠責保険証明書・譲渡証明書」などを用意しなくてはなりません。

 

126cc〜250ccまでのバイクであれば「軽自動車届出済証・印鑑・ナンバープレート・自賠責保険証明書・譲渡証明書」などが必要となり、さらに251cc以上のバイクの場合は「車検証・印鑑・自賠責保険証明書・譲渡証明書・委任状・軽自動車納税証明書・ナンバープレート」などと広範囲にわたり必要な物が増えてきます。

 

個人売買で売る際にはいずれも欠けてはいけませんし、誤字や空欄などはもってのほかですので、かなり手が掛かるといえます。

 

間違いが無いようネットを活用して、事前にしっかりと調べておきましょう。

 

 

 

★個人売買のメリットは

・売値を自分で決めることができる
バイク買取専門業者などに売る場合は、売値は向こうの提示額です。後は交渉でどれだけ上がるかですが、何にしても元の買取り金額は業者が決めます。なので、納得の行く買取額にはなりにくいです。

 

ところが、個人売買の場合だとまず自分の希望する売値を相手に提示できるので、高くバイクを売ることがしやすくなります。

・中間マージンが発生しない
コレが個人売買の最も大きなメリットと言えます。業者にバイクを売った場合、その業者は転売することを目的にしているので、確実に利益が望める価格でしか買取をしてくれません。実際に転売する価格から、業者の利益を差し引いた価格が査定額となるので、必然的に査定額は低くなってしまいますし、手数料も発生してますので、どうしてもその分査定額は抑えられます。

 

オークションなどでも利用料などを差し引かれるので、その分自分が得る金額は下がってしまいます。しかし、個人売買だとそういう中間マージンが一切発生しないので、売却額がすべてを自分の懐に入ってきます。しかも、バイクを買う側も、店で買うよりも安く手に入れることができますので、双方にメリットのある売却方法と言えます。

 

 

★個人売買のデメリットは

・購入者を見つけにくい
個人売買は基本的に自分の知り合いかそのまた知り合いの中でやり取りをするため、対象となる人の数が限られてきます。だから、買い手を見つけにくいという事があります。

・名義変更をしてくれない
バイクを売った後には名義変更などが必要となりますが、名義変更などの手続きをしてくれないといった事がありえます。毎年4月の時点でのバイクの所有者に自動車税が課税されますので、3月末までに名義変更の手続きをしないと、バイクを売った後でも自分に税金の請求が来てしまいます。この手のトラブルは数多く発生してるようです。気づかずに自動車税を滞納していた、なんてことも起こります。そういったトラブルを防ぐためには、まず廃車登録をしておくことがおススメです。

・支払いをしてくれない
これも多いトラブルですね。バイクは渡したけど、お金がもらえない。そんなことが起きないように十分気をつけましょう。個人売買では、現金の一括払いが基本です、というか、一括払い以外は受け付けないほうがいいです。お金に関するトラブルは避けたいものです。ここはシビアにいきましょう。

 

最後にアドバイスですが、個人売買とはいえ最低限自分のバイクの買取相場価格くらいは調べておきましょう。何事にも適正な価格はあります。
ネットで一括査定を申し込めば無料査定してもらえます。

 

★バイク買取一括査定はこちら↓