バイクの個人売買のトラブル

バイクを個人売買する時のトラブル事例と対策

バイクを個人売買で売る場合に起こりうるトラブルです。事前に知っておくことで少しでもトラブルのリスクを減らしましょう。

 

■相手が名義変更をしてくれない
最も多いトラブルに、バイクを売った後に相手が名義変更をしてくれないケースがあります。名義変更をしないとバイクの自動車税の納付書が、毎年自分の元に送られてくるはめに。

 

しかも、相手が駐車違反などを起こした時にも自分の元に反則金の請求が来る場合もあります。さらに怖いことに、万が一ですが相手が引き逃げなどの事故を起こしてしまった場合、自分の元に取調べが来る可能性もあります。

 

手元に無いバイクの責任を取らされる羽目になるので注意が必要です。なので廃車登録をしておきましょう。ナンバープレートと印鑑、車検証などを持って陸運支局へ行って手続きを行います。

■後で車両にクレームを付けられる

クレーム

これもよくあるトラブルで、バイクを売却して代金を受け取っても安心はできません。後からエンジンの調子がおかしいとか、知らない傷がある、などクレームを言われるケースもあります。

 

お金を一部返せと言われたり、返品にまで発展することもあります。悪質な場合、急にバイクの調子がおかしくなって事故を起こしたから、治療代を代わりに払えといわれるような場合もあるそうです。

 

さて、そういうクレームを避けるために何をすればいいか。何と言っても、バイクを売る際に相手にしっかりと現車確認をしてもらう。試乗をしてもらい、エンジン等の不具合が無いかどうか確認してもらって納得してもらう。目視で一緒にバイクの傷などを見てもらって納得してもらう。レンタカーを借りる時によく行いますよね。一緒に車をグルっと回って傷の確認を行う。アレですね。念を入れるなら整備工場などで安全確認などをしてもらうとさらに安心ですね。

 

最後に最も重要な点が、売却後のクレームや返品は受け付けないとしっかりと相手に伝える事です。オークションなんかで、「ノークレーム、ノーリターンでお願いします」とよくありますね。アレと同じです。そんなことを言うと買ってもらえないかもと思うかもしれませんが、トラブルになるくらいなら売らないほうがマシなので、臆することなく伝えましょう。どうせこじれるなら、最初にこじれたほうが楽です。売らなきゃいいだけですから。

■相手がバイクの代金を支払ってくれない
これも多いトラブルですねー。自分の友人や知り合いにバイクを売る場合、なまじ知っている人だから甘い対応になりがちです。知ってるからこそ言いにくい、なんてこともありますし。特に分割や後払いは絶対にやめましょう。個人売買の場合、一括支払いを原則としないと、バイクだけ取られてお金がもらえないなんてこともありえます。

 

お金の事はいいにくいものですが、だからこそはっきりとさせないと、関係までおかしくなります。泣き寝入りしてしまう人も多いみたいですよ。まあ、もっともお金の支払が悪い人間は友人とは言いがたいと思いますけどね。私なら友達だからこそ、さっさと払います。

 

トラブルのないバイク買取業者はこちら↓

懇切丁寧・安心安全のゲオバイク
ゲオバイクはバイク王と並んで有名なバイク買取業者で、CD・DVD・本・ゲームなどの買取で有名なゲオグループの会社です。女性バイク査定士が優しく対応してくれます。 ゲオバイクの特徴は査定員の対応が丁寧で親切と評判なこと、事故車・不動車でも買取OK、ローン中のバイクでも売却可能、などなど。 ゲオバイクの売りは安心・丁寧です。
業界最大手バイク王
バイク王は年間約17万台の買取実績を誇るバイク買取専門業者の最大手。85%のシェアを誇っています。バイク王の魅力はCM・広告による認知度と安心感。 また、バイク王ダイレクトSHOPという直販店で販売しているのも特徴的で、365日24時間査定申し込み受付対応&全国どこでも無料出張査定してくれます。