バイクの上手なメンテナンス方法

バイクを高く売るためのメンテナンス方法

バイクを高く売るためには、バイクの状態をなるべく良い状態に維持しておく必要があります。というか、普段から快適にバイクを楽しみたいのなら簡単なメンテナンスは必須でしょう。

 

ここでは最低限の簡単なメンテナンス方法をご紹介します。

 

オイル&オイルフィルターの交換

これ、バイクに乗る人は車に乗る人と違って、趣味で乗ってる人が多いので恐らくはきちんとオイル交換をしてると思いますが、バイクのエンジンにとってオイルはすごく重要なものですので定期的な交換が必要です。

 

オイル交換をしないで乗り続けていると、エンジン性能が落ちてきて快適にバイクを走らせなくなります。コマメにオイル交換することをおすすめします。
基本的には、3,000km〜5,000km毎か3カ月〜半年ごとに交換するといいでしょう。

 

このオイル交換時期については諸説がありますが、概ね上記の期間が妥当のようです。あと、オイルを目で見て、もしくは指先でこねて調べるというのもありますが、余りあてにならないみたいですw

 

オイルフィルターの交換も忘れずにして下さい。オイルフィルターは、オイルをフィルターで濾してきれいな状態に保つためのモノです。だからオイルフィルターも定期的に交換しないと、折角の新品オイルでも汚れるのが早くなります。

 

オイルフィルターの交換はオイル交換2回で1回交換するのがいいでしょう。

 

 

バッテリーのメンテナンス

バイクスクラップ

普段ちょくちょくバイクに乗る人はそんなに心配しなくていいですが、多くの人は休みしか乗らないのではないでしょうか。バッテリーというのは、マメにエンジンをかけてあげないと電圧が弱くなっていきます。弱くなりすぎると、エンジンをかけられなくなります。まあ、いわゆる「バッテリーが上がった」状態です。

 

定期的にバイクに乗っていれば大丈夫です。余り乗れない人はたまにバイクのエンジンを掛けましょう。

 

忙しくて長期間乗れないときには、バッテリー充電という手もあります。バッテリー充電器もそれほど高くないので、バッテリー充電器を買うのも手ですし、バイク屋で充電してもらうのも手ですね。ついでにバッテリーの液も確認してもらうといいでしょう。

 

 

他にも、メンテナンスすべきことは色々ありますが、最低限この2つはやったほうがいいでしょう。バイクって高いですからね。大切すればその分、長く乗れるしバイクを売るときでもやはり高く買い取ってもらえることが多いと思います。