バイクの上手な洗車方法

バイクの上手な洗車

洗車は曇りの日がいい

バイクの洗車にはピーカンの晴れの日和も、曇りの日の方がいいです。あまり天気が良すぎると、洗車時に掛けた水や洗剤がすぐに蒸発してしまって、シミの原因になりやすいですヨ。だから、なるべく曇りの日で、午前中か夕方がベターです。
直射日光の当たらない、日陰で洗車するようにしてください。

 

 

洗剤の用意

洗剤は必ずバイク専用の洗剤を使いましょう。

 

台所洗剤などは汚れ落ちは良いですが、塗装や金属を保護する成分は含まれていないので洗車後の金属の劣化の心配があります。また、塗装膜の厚い車専用に開発された洗剤は、物によってはバイクの塗装を傷めてしまうこともあります。だからバイク専用の洗剤にしときましょう。

 

 

バイク全体に水を掛ける

バイクに水をかけるときはたっぷりと豪快にかけてやって下さい。バイクが気持ちよくなるくらいにw。
これはできる限り水でバイク表面の埃や汚れなどを落とすためです。とくにホコリ等残したまま、洗車するとバイクに傷がつきます。気をつけましょう。

 

 

ピカピカバイク

スポンジやブラシで洗う

基本的に上から下へ向かって表面を洗っていきましょう。
泡が落ちていくので上から洗わないと二度手間になります。
スポンジやブラシについた汚れもマメに取り除きながら洗う事で、傷をつける可能性が低くなる。
ホイールやチェーンなどの汚れが付きやすい個所は、ブラシで強めにこすりましょう。

 

 

水で洗い流し、水分を拭き取る

 

全体的に洗い終わったら、水で泡を落としましょう。
ちゃんと泡を落とさないと、塗装を傷める原因になります。
たっぷり水で流してください。
一通り流し終えたら、乾いたタオルで水分を拭き取りましょう。
ちゃんと拭かないと錆びの原因になるので気を付けてくださいね。

 

 

ワックスがけ

 

最後の仕上げとして、ワックスを掛けましょう。
これによって光沢が出るので、見た目の印象が大きく変わります。
バイクを保護し、傷がつきにくくなるので、しっかりとやりましょう。
ムラができないように均一に塗ることがコツですね。

 

 

以上で、洗車が完了しました。
すごく面倒な作業だと思う人もいるかもしれませんが、数万円変わることもあります。

 

なので、費用対効果としては高いですよ。

 

今までの感謝を込めて、しっかり自分のバイクを洗ってあげてください。