バイクを売る時に必要な書類

バイク・オートバイを売る時に必要な書類

バイク・オートバイを売る時に必要な書類はバイクの排気量によって違うので注意が必要です。
まず、排気量にかかわらず必須の書類はこれだ〜w。「自賠責保険証明者」、「身分証明書(運転免許証や保険証、パスポートなどなど)」と「印鑑」です。

 

バイクの排気量が125cc以下の原付バイク場合は、
「標識交付証明書」が必要です。「標識交付証明書」とは、ナンバープレートの交付を受けた場合に管轄の市区町村で発行している証明書のこと。自治体によっては、「標識交付証明書」ではなく「軽自動車税申告書兼標識交付申請書」という書類の場合もあり。

 

もしも、これらの書類が手元にないよ、よくわからないよ、あるいは失くしてないよ、という時は管轄の市区町村で再発行してもらえるので再発行しておいて下さいね。また、原付バイクを売る場合は、廃車手続きをしていないと名義変更が出来ません。だから売る前に必ず廃車手続きをしておく必要があります。

バイクの排気量が126〜250ccのバイクの場合は、
「軽自動車届出済証」が必要となります。「軽自動車届出済証」とは、先ほどの「標識交付証明書」と同じような書類です。失くしちゃった、という方は管轄の運輸支局で再発行してくれます。ところで売却予定のバイクの廃車手続きがすでに済んでいる場合は、バイク廃車時に発行される「軽自動車届出返納済証」、「軽自動車届済証返納証明書」が必要となります。

排気量が251cc以上のバイクの場合は、
「自動車検査証」が必要です。 車検が残っている場合は「自賠責保険証明者」も必要です。 「自動車検査証」を失くした場合は、上記と同じく管轄の運輸支局で再発行が可能です。 また廃車手続きが完了している場合は、「自動車検査証返納証明書」が必要となります。

 

※未成年の場合は親権者の同意書、身分証明書のコピー。
※代理人の場合は名義人の委任状、身分証明書のコピー。

 

これらが、売却時に必要となりますので、前もって用意しておきましょう。