バイク買取と下取りの違いとは

バイクの買取と下取りの違い

バイクの買取と下取りは、何がどう違うのだろうか。字も似てるしw

 

しかし、バイク買取とバイク下取りでは大きな違いがあります。

 

まず下取りですが、下取りとは、バイクの買い替えが前提となっています。今のバイクの価値の分だけ今度買うバイク代から値引きするという方法です。だから、バイクを買う店としたどってもらう店が同じだということですね。

 

下取りのメリットとして、売却と購入を同時に済ませることができるので手続きが簡単なことです。基本的に新しいバイクの納車日に古いバイクと交換するので、代車を必要としないこともメリットです。
反対に下取りのデメリットは何かというと、売るバイクの本当の査定額がわからないこと。次に買うバイクから値引きするわけですから明確な下取り額は提示されません。だから、一般的な買取相場の額より安くなることが多いようです。

 

 

次に買取のメリットは何かというと、下取りよりも一般的に査定額が高くなる傾向にあります。特に買取専門業者の場合、買取のみを行なっていて販売はやってないので、在庫などを保つ必要がなく、そのため買取り額も高くなりやすいです。
買取のデメリットはというと、バイクを新しく買うための買取だとすると、次のバイクが手に入るまでの移動手段が無くなることと、売却と購入が別の店になるので手続きが面倒。

 

 

どちらも、メリット・デメリットが存在します。。

 

 

そうはいっても、やはり査定額が高い方がいいですので、買取の方がお得でしょう。まあ、どちらにしても自分のバイクの査定額くらいは 聞いておきましょう。
そのためには一括オンライン査定サービスがおすすめ↓